“唐茄子屋”の読み方と例文
読み方割合
とうなすや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
市川鬼丸という上方くだりの若い役者がいて、唐茄子屋という、落語にもよくある、若旦那やつしが、馴れぬ唐茄子売をする狂言が当って、人気が登って来たが