“浜茄子”の読み方と例文
読み方割合
はまなす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
九月の末、かに思ひ立ちて、吟心愁を蔵して一人北海に遊びぬ。すがら、下河原沼の暁風、野辺地の浦の汐風、浜茄子の香など、皆この古帽に沁みて名残をとゞめぬ。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
浜茄子の花の濃い紅色が、海の碧さを背景に点点と咲いている。腰を降して私は膝を組んだ。
浜茄子の丘をにし旅つゞく
五百五十句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)