“初茄子”の読み方と例文
読み方割合
はつなすび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
入舟などのあるたびに、恥も忘れて近よってくるのが常の習いであったらしい。この句はその俊寛のようなあわれな姿が目に浮かぶのである。次には『初茄子』の最初の一巻に
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
生きて世に人の年忌や初茄子 几董
俳句の作りよう (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
生きて世に人の年忌や初茄子 几董
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)