“不可侵境”の読み方と例文
読み方割合
ふかしんきょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「彼は、叡山の山領を、った。——伝教大師このかた、不可侵境の山則を、またわれわれの体面を、め踏みにじった!」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
絶対な不可侵境といわれている大奥でも、輪王寺の宮の内事にでも、かれがを通じて、質問にのぞむ場合は、これをむことができない。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そちたちはこのつづらの金紋を何よりの不可侵境と心得て、梅渓家の威光を借り、吾らに手出しがならぬと心得ているのであろうが、抜乗りの者がひそんでいることは
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)