“不可侵”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふかしん66.7%
おかすべからざる33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絶対不可侵ふかしんを誇っていたクロクロ島に、私の予期しなかった人物が、いつの間にか潜入していたとは、全くおどろいたことである。そんな筈はないのだが……。
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
また、近頃、頻りと使者の往来がはげしいのは、今川家を中心に、駿すんこうそう三ヵ国間に、不可侵ふかしん協定の下談したばなしが、結ばれようとしている気配だった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仏教をたっとぶ市民達はその仏教の教主たるところの噠𡃤喇嘛その人を生仏いきぼとけとして尊信し、その喇嘛のおわす宮殿を神聖不可侵おかすべからざる場所とした。
喇嘛の行衛 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)