“健全”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けんぜん42.1%
すこやか21.1%
たっしゃ15.8%
ぢやうぶ5.3%
けんざい5.3%
じょうぶ5.3%
まめ5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうしてそのには健全がある、はニキタをくのは、しても親切で、同情があって、謙遜であった。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
病みて他郷にある人の身の上を気遣ふは、人も我もかはらじ、れど我は常に健全なる人のたま/\床に臥すを祝せんとはするなり。
秋窓雑記 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
その時分両親はまだ健全で、親子三人暮し、家も貧しい方でもなくず普通の生活をしていた、元来がこういう温和な娘だったから
二面の箏 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
「おいてゐる人間の魂は、お腹のいゝ人達の魂に比べると、営養もよく、ずつと健全だ。」と言つたゴリキイは、自慢だけに健全霊魂つてゐるが
無邪気なる老人の面影、今尚目に在り、其のはざれども、必ず健全ならん。
釣好隠居の懺悔 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
「何か他に事情がありましょう。あなたは御兄姉はおありですか? ……無い……お母さんは御在命ですか? ……そうですか……お母さんは神経質なお方でしょう? ……そうじゃないって……そんならお父さんは、やはり御健全ですか?」
誰? (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
見廻しけるに首はず何事も無健全息災なり依て我が家へ立歸りしぞと物語りしかば娘はく是全く金毘羅樣の御利益ならんと早々手水にて身をめて金毘羅の掛物を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)