“狂妄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうもう60.0%
きやうまう20.0%
しれもの20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
未来の全生涯はすでにそこにんでいた——しかしその内心の豊富さは、当座の間、狂妄な行いとなってしか現われなかった。
狂妄ほとんど桓玄司馬倫のに類す、なるかなさずしてに伏するや
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
どうぞ、これより以上に懺悔することを、おゆるし下さい。私たち二人はフカの餌食になる価打しか無い、狂妄だったのですから……。
瓶詰地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)