“きょうもう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
狂妄42.9%
兇猛42.9%
強猛14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れどもその主動力たるものは、一種宗教的殉道者の大精神あるを要す。り、薄胆狂妄なるロベスピールすらなお一片の殉道心を有したりしなり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
ところが大山猫の四肢は上から下までが殆ど同じ太さで、しかも胴体に比べて恐ろしく太く且つ長い。それが少しも鈍重な感を与えぬばかりか、弾力ある兇猛な力を感じさせる。
黒猫 (新字新仮名) / 島木健作(著)
デカも昨春までは、其一人であったが、抜群の強猛故に競走者を追払って、押入婿になりましたのである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)