“狂奔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうほん93.8%
きやうほん6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、明らかに、反秀吉を今もえて、この正月にさえ、軍備や諜報に狂奔している一部の勢力も、大坂城の門には馬をつながない。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
帆村荘六は、某大国の機密を何とかして探りあてたいと、寝食を忘れて狂奔したが、敵もさる者で、なかなか尻尾をつかませない。
東京要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
女が高荷を背負つてゐたために、馬が驚いて狂奔したといふのを理由に、氣の立つてゐた時之助は、怪我をして肥だめに落ちた女を見捨て、そのまゝ屋敷へ引揚げて來たのです。
衝突だ! 衝突だ! 衝突だ!』と百數十船員等夢中になつて甲板上狂奔した。