“狂瀾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうらん89.5%
きやうらん10.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長島城中一場の惨劇は、忽ち、ここの家中の足もとから、その夜からでも、四面の国境がみな戦乱と化すような、狂瀾の心理を捲き起した。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ようやく笑いがやみそうになったら、五つになる女の子が「御かあ様、猫も随分ね」といったので狂瀾既倒に何とかするという勢でまた大変笑われた。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
泡立逆卷一時狂瀾千尋卷込まれたが、して海面浮上つた黒暗々たる波上には六千四百弦月丸もなく
し、この危機に処して、一家の女房たるものが、少しく怜悧であつたならば、狂瀾を既に倒るゝにし、危難をだ来らざるにぐは、さして難い事では無いのである。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)