“黒暗々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こくあんあん87.5%
こくあん/\12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少年たちの希望はただこれである、荒れに荒れくるう黒暗々の東のほうに、やがて一微明がただよいだした。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
時刻はすでに十二時を過ぎて、から降り出した雨は、ようやく本降りとなり、昼間はあれほど眺望の美をった塔のてっぺんも、いまや黒暗々たるにつつまれている。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
吾等叫聲怒濤打消されてしまつたが、る、黒暗々たるか/\のつて、一點燈光ピカリ/\。
はそれさへ天涯彼方ちて、見渡黒暗々たる、たゞ密雲絶間れたるの一二覺束なくも反射してるのみである。