東京要塞とうきょうようさい
非常警戒 凍りつくような空っ風が、鋪道の上をひゅーんというような唸り声をあげて滑ってゆく。もう夜はいたく更けていた。遠くに中華そばやの流してゆく笛の音が聞える。 丁度そのころ、築地本願寺裏から明石町にかけて、厳重な非常警戒網が布かれた。 し …
作品に特徴的な語句
べい 気色けはい 逆上ぎゃくじょう いつ 気味ぎみ くわだ きわ にく 酔漢すいかん とら はず 石灰せっかい のが 平常へいぜい さいわ 深山しんざん 浴客よっきゃく かわ あお やみ かたむ 凹凸でこぼこ すぐ なか 早乾はやがわ 狂言きょうげん 生々いきいき 蹣跚よろめ 揶揄からか おさ ぬぐ 見窶みすぼら 夜話やわ 手巾ハンカチ 莞爾かんじ 失敗しま 寝鎮ねしずま かか 積載せきさい うなず から ゆか 羽織はお 徐々じょじょ すべ ねずみ 漆喰しっくい くぐ つぶ 煌々こうこう わずら 燦然さんぜん しょく 物識ものし 物騒ぶっそう 狂奔きょうほん 独白ひとりごと 猟奇りょうき 生命いのち 由緒ゆいしょ 界隈かいわい かしこ 病衣びょうい 皆目かいもく 真青まっさお にら みぎり くだ 砲架ほうか 硝子ガラス あお 示唆しさ おだや 空円あきえん 突立つった うかが 符牒ふちょう 筆蹟ひっせき 筋合すじあい たくま しず はがね 鋪道ほどう 重爆じゅうばく 酔払よっぱら 遥々はるばる 軒端のきば 贅沢ぜいたく 赤土あかつち 足蹴あしげ こて 辞去じきょ