“阿倍”の読み方と例文
読み方割合
あべ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これで勝負はつきました。芦屋道満げられて、御殿からされました。そして阿倍晴明のお弟子になりました。
葛の葉狐 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
第三番阿倍右大臣財産家でしたから、あまりごすくはまず、ちょうど、その日本唐船へて火鼠皮衣といふつてるようにみました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
阿倍の島の住む磯に寄する浪なくこのごろ大和しほゆ (同・三五九)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)