“阿倍野”の読み方と例文
読み方割合
あべの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むかし、摂津国阿倍野というに、阿倍保名というんでおりました。
葛の葉狐 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
焼跡に暫らく佇んで、やがて新世界の軍艦横丁を抜けて、公園南口から阿倍野橋の方へ広いコンクリートの坂道を登って行くと、阿倍野橋ホテルの向側の人道の隅に人だかりがしていた。
世相 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
れな声で、針中野まで行くにはどう行けばよいのかと、紀州訛できいた。渡辺橋から市電で阿倍野まで行き、そこから大鉄電車で——と説明しかけると、いや、歩いて行くつもりだと言う。
馬地獄 (新字新仮名) / 織田作之助(著)