“三位一体”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さんみいったい85.7%
トリニチイ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この奇蹟を信ぜざることを得ないとなれば、三位一体さんみいったいのドグマも信ぜられない筈がなくなると云うのである。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
とたんに、(2)三位一体さんみいったいかみさまの、火とみひかりにつつまれているすがたが、女の子の目にうつりました。
それこそじつに極楽で、「三位一体トリニチイ」にお目にかかるときに、なによりもふさわしい手土産であろう。
だが三位一体トリニチイがお身かたしてくださっている限り、フィリップよ、なにを絶望することがあろう。