一足お先にひとあしおさきに
……聖書に曰く「もし汝の右の眼、なんじを罪に陥さば、抉り出してこれを棄てよ……もし右の手、なんじを罪に陥さばこれを断り棄てよ。蓋、五体の一つを失うは、全身を地獄に投げ入れらるるよりは勝れり」と……。 ……けれどもトックの昔に断り棄てられた、 …
作品に特徴的な語句
なさ そは すくな はし あっし おび 懐中かみいれ ごろし ふさ あたし ぱな 昨夜ゆんべ おと もと なり あしゆび あら とど 残酷みじめ 焦燥いらだ 入院はい ぷし 如何いかが たく はず 怪訝おか 悪名おめい おろか 把手ノッブ ねじ 午食ごしょく 煖房ペーチカ 凝視みつめ 一寸いっすん にく けん ちげ 這入へえ ごし 裸体ぱだか つけ むし しな 肋骨あばらぼね ななめ ほと わたし ずつ 屹立きった 禿はげ 平生いつも ろう のち かすか 附添つきそい 硝子がらす ひら むご まばた まず つか たく こす まなこ かな 片跛かたびっこ いた もも うなず 痕跡あと なめら 汚染よごれ 気遣きづかい 薄明うすあか あば まぶ むね 警笛サイレン 最前さっき 記憶おぼ 最早もう すい 皮肌ひふ だま