“打返”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うちかへ42.9%
うちかえ28.6%
ぶちかえ14.3%
ぶちけえ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ざすは何物葛籠めたりける一二枚打返して淺黄縮緬帶揚のうちより、五通六通ふれば十二通してれば
軒もる月 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
げにも由緒ありげな宝物である。忠一も霎時は飽かず眺めていたが、やがて手に取って打返して見ると、兜の吹返しの裏には、「飛騨判官藤原朝高
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
市「ねえ此の人が証拠で、神様から貰ったが身体をったから打返しただ、ねえ、だから貴方たア手助かりをしたゞ」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
先方でちやアがったから己が打返したので、わばあんたの代りだ
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)