“帶揚”の読み方と例文
新字:帯揚
読み方割合
おびあげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ざすは何物葛籠めたりける一二枚打返して淺黄縮緬帶揚のうちより、五通六通ふれば十二通してれば
軒もる月 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「その通りです。一つは主人の死骸の腰に、一つは内儀の帶揚に、紐で結んでありました」