“帶廣”の読み方と例文
新字:帯広
読み方割合
おびひろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それはあの人に別れてからの費用にでしよう? それなら帶廣に至るまでに殆ど必然的に入るだけで——その報告は天聲君にもしてあります。」
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
帶廣は十勝の頭腦、河西支廳の處在地、大きな野の中の町である。利別から藝者雛妓が八人乘つた。今日網走線の鐵道が※別まで開通した其開通式に赴くのである。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
その評判は、最近の來道貴賓なる後藤男爵、岡部子爵、伊藤大師、本願寺法主に次いで、著明なものとなり、札幌、小樽、旭川、帶廣、函館等に於いては、直ぐ知らないものはないほどになつた。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)