“利別”の読み方と例文
読み方割合
としべつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帶廣は十勝の頭腦、河西支廳の處在地、大きな野の中の町である。利別から藝者雛妓が八人乘つた。今日網走線の鐵道が※別まで開通した其開通式に赴くのである。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
帯広は十勝の頭脳河西支庁処在地、大きな野の中の町である。利別から芸者雛妓が八人乗った。今日網走線の鉄道が㓐別まで開通した其開通式に赴くのである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
落合迄滊車、夫れより国境のは歩行し、清水にて一泊。夫れより帯広に出で、来合わせたる又一に面話し、一泊。高島農塲に一泊。利別一泊。足寄にて渋田に一泊し、西村が傷をす。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)