“桐紋”の読み方と例文
読み方割合
きりもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところへ、をとばしてきた一の使者、ヒラリとりて、そとから桐紋をたくしあげて、はいってきた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
春の山比叡先達桐紋講社肩衣したる伯父かな
舞姫 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
試合勝敗心配のあまり、桐紋のうしろから、そッとけだしていた鞍馬竹童は、なにげなく、諸国剣士のひかえをまわって、蔦之助の姿
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)