“近所合壁”の読み方と例文
読み方割合
きんじょがっぺき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「君は無絃素琴を弾ずる連中だから困らない方なんだが、寒月君のは、きいきいぴいぴい近所合壁へ聞えるのだからに困ってるところだ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「これは爺さんに、すこし遠慮してもらわなくッちゃならねえようだ。人間は近所合壁、いっしょに住む。なア、いかに好きな道でも、度をはずしては……」
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
近所合壁、親類中の評判で、平吉がへ行ったら、大黒柱より江戸絵を見い、という騒ぎで、来るほどに、るほどに、片時も落着いていたはがあせん。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)