“しげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
60.1%
29.4%
4.1%
2.6%
繁茂1.2%
0.6%
0.3%
志下0.3%
0.3%
紫芽0.3%
詩偈0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
客と家の者とがく出入して、夜もさわがしかった。武は七郎と小さなへ寝たが、三人の下男はその寝台の下へ来てを敷いて寝た。
田七郎 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
「もとの主人、菱屋の娘のおが、母親に死に別れて、草加からそっと江戸へ帰っているのを、ときどき訪ねている様子ですが——」
くなって来た雨の音をきながら、心の穏やかでなかった庸三は、うとうと微睡んだと思うと目がさめたりして、そこにしい一夜を過ごした。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「ねえ、おじいさん、あんなくずが、くつなんかをかっぱらうのだろう。ていないとねえ。」と、ちゃんがいいました。
雪の降った日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
はっと、うしろを振り顧ると、紫陽花繁茂っている崖の中腹に、黒い、覆面の魔物が、肩先を見せて、逃げかけた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
四十五年の御代長く、事き代の御安息無く、六十路あまり一年御顔に寄する年の波、御魂ふ西の京、吾事終へつときて、君きましぬ東京に。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
すると、こんもり繁った菩提樹の木のあいだの、すぐりや接骨木莢叢やライラックのみの中から、忽然として、古ぼけて、まるで残骸のようになった緑色の四阿が現われた。
夾竹桃である。鶴見は明治二十五年の夏になって、はじめて夾竹桃を実見した。ところは沼津の志下で、そこに某侯爵の別荘があった。
相摸という字に楠正成という字だが、相成じゃア分らねえし、又きもじさまとア誰の名だか、それから、えゝと……あしからかす/\かんにん被下度候……何だか読めねえ
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「いにしえから、松江のにして賞味するときには、かならず紫芽をツマに添えるという。薑はあるか」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
寺の前がすぐ大堰川の流で「梵鐘は清波をって翠巒く」というしい詩偈そのままの境域であります。
鯉魚 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「この荒地は肥えてると見えるな。稲がりきってるだ。平助どんの骨折り甲斐だけあらあな。」
土地 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
神には撃たれ友には誤解せらる、ら自己のために弁明するもの効なく、神の我を苦むる手はまず友の矢はますますり注ぐ。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)