“よだれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
97.4%
垂涎1.0%
0.5%
涎液0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四人の看守が四人共、ポッカリ口を開き、を垂らして居眠りを始めたのだ。それも舟をぐという様な生やさしい眠りではない。
黄金仮面 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ヘクトーは元気なさそうに尻尾を垂れて、私の方へ背中を向けていた。手水鉢を離れた時、私は彼の口から流れる垂涎を見た。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
いくらをたらしてもいけねえよ。お前と政ちゃんとでは、代物の出来が大分違うぜ。
中山七里 二幕五場 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
傳染病が出來てからは、嚴しく食物の注意をされてゐた私は、赤く熟れて甘い汁の多さうな柿の實を手に取ると、口から涎液が垂れてならなかつた。
避病院 (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
巻之一、先生伝、鼠の芸尽し。巻之二、犬と猿の相撲、鵜の真似する烏。巻之三、佐々良三八、十王の勧進。巻之四、烏勘左衛門、獣の伉侠。巻之五、大酒金平 である。
春水と三馬 (新字新仮名) / 桑木厳翼(著)