“ツバ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:つば
語句割合
50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然れども、愛しき我が那邇勢ナニセの命、入り来ませる事、かしこければ、還りなんを、先ずツバらかに黄泉神ヨモツカミ相論アゲツラわん、我をな見給いそ。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
二人は時々、雷光をみるやうに、怖いとも怖くないとも分らない視線を送つてはまた、ツバを吐く時のやうにペツと視線から飛びのいた。
分らないもの (新字旧仮名) / 中原中也(著)