“黄泉神”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よもつかみ33.3%
よもつのかみ33.3%
ヨモツカミ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黄泉神”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 宗教 > 神話・神話学100.0%
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ここに伊耶那美の命の答へたまはく、「くやしかも、く來まさず。吾は黄泉戸喫よもつへぐひ一一しつ。然れども愛しき我が汝兄なせの命、入り來ませることかしこし。かれ還りなむを。しまらく黄泉神よもつかみあげつらはむ。我をな視たまひそ」と
伊邪奈美命答へもうしたまはく悔しきかも速く来まさずして、吾は黄泉戸喫よもつのへぐいしぬ。然れども愛しき我那勢命なせのみこと入り来ますことのかしこければ、まづつばらか黄泉神よもつのかみあげつらはん、我をなたまひそ。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
然れども、愛しき我が那邇勢ナニセの命、入り来ませる事、かしこければ、還りなんを、先ずツバらかに黄泉神ヨモツカミ相論アゲツラわん、我をな見給いそ。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)