“黄泉国”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よみのくに50.0%
よもつのくに25.0%
ヨモツクニ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黄泉国”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 宗教 > 神話・神話学100.0%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あるいは黄泉国よみのくにという名が出ると、それは出雲国のことだと説く。
神代史の研究法 (新字新仮名) / 津田左右吉(著)
もしこの反なれば、黄泉国よみのくにへ追わる
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
……是に於て其妹伊邪奈美命いざなみのみことを相見まくおもほして、黄泉国よもつのくににいでましき。すなわ殿騰戸あみおかのくみとより出で迎えます時、伊邪奈岐命いざなぎのみこと語りたまはく、愛しき我那邇妹命わがなにものみことわれなんじと作れりし国未だ作りおわらず、れ還りたまふべしと。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
是に其妹イモ伊邪那美命を相見まく欲して、黄泉国ヨモツクニに追い出でましき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)