“伊邪奈美命”の読み方と例文
読み方割合
いざなみのみこと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
死んで腐った伊邪奈美命いざなみのみことを、生身いきみの躰へ返そうというのはかなり困難な仕事ではあるが、八雷神はしとげたのであった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
……是に於て其妹伊邪奈美命いざなみのみことを相見まくおもほして、黄泉国よもつのくににいでましき。すなわ殿騰戸あみおかのくみとより出で迎えます時、伊邪奈岐命いざなぎのみこと語りたまはく、愛しき我那邇妹命わがなにものみことわれなんじと作れりし国未だ作りおわらず、れ還りたまふべしと。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)