“笹龍胆”の読み方と例文
新字:笹竜胆
読み方割合
ささりんどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
墓は小さい堂のなかにられて、堂の軒には笹龍胆の紋を染めた紫の古びた幕が張り渡されていて、その紫のめかかった色がいかにも品のよい、しかも寂しい
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
空色に笹龍胆の紋じるしをあらわした総督家の旗もそのあとに続いた。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
さらに左に折れて小高い丘にのぼると、高さ五尺にあまる楕円形の大石に征夷大将軍源左金吾頼家尊霊と刻み、びた堂の軒には笹龍胆の紋を打った古い幕が張ってある。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)