“白龍胆”の読み方と例文
読み方割合
しろりんどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひと頃、山牢の近くに春を染めていた岐良牟草のむらさき花も散りつくして、真ッ赤な山神の錫杖白龍胆桔梗の花がそれに代っていた。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)