“二間梯子”の読み方と例文
読み方割合
にけんばしご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕は民さん一寸御出でと無理に背戸へ引張って行って、二間梯子を二人でい出し、柿の木へ掛けたのを民子に抑えさせ、僕が登って柿を六個許りとる。
野菊の墓 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
二間梯子持出し、萩原の裏窓のへ立て懸け、慄える足を踏締めながらよう/\登り、手を差伸ばし、お札を剥そうとしても慄えるものだから思うに剥れませんから
干物は屋根でする、板葺平屋造で、お辻の家は、其真中、泉水のあるから、二間梯子を懸けてあるので、悪戯をするなら小児でも上下は自由な位、干物に不思議はないが、待て
処方秘箋 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)