“人見廣介”の読み方と例文
読み方割合
ひとみひろすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東京の山の手のある学生に、おりの殺風景な、友愛館という下宿屋があって、そこの最も殺風景な一室に、人見廣介という書生ともごろつきともつかぬ、その年輩は三十を余程過ぎていそうな
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)