“人見又四郎”の読み方と例文
読み方割合
ひとみまたしろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それまでご信念はお持ち合せがないのでござるか。日本はどうなってもよろしいのでござるかっ。……人見又四郎もそれをいた。五郎八も哭いた。この景助も哭きます。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ふたりの黙契している野望——あらゆるさに亙って、近頃その邸内に起った顛末から、人見又四郎江橋林助とが、正義の剣をいで、かれらに迫ろうとしてかえってその陥穽に落ち
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一名は人見又四郎。もうひとりは江橋林助だった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)