“人見又左”の読み方と例文
読み方割合
ひとみまたざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中食又左の浪宅にてしたためる。わしは葛屋へ立寄って、饅頭えて後より気まかせに参るゆえ、そちたちは、人見又左の宅で待ちあわしておれ
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いやいや、人見又左が浪宅で、何がな支度しておるはず」
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)