“圧迫”のいろいろな読み方と例文
旧字:壓迫
読み方割合
あっぱく68.4%
おしつ10.5%
あつぱく5.3%
おさえつ5.3%
おしつけ5.3%
たかびしゃ5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに将軍連が心ならずも調子を合わせ、正論を圧迫してとんでもない国論を作ってしまう。こうなると、まるでめちゃくちゃだよ。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
よくツケ/\と人を圧迫ける様な物言をする癖があつて、多少の学識もあり、村で健が友人扱ひをするのは此男の外に無かつた。
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
泰西の文明の圧迫けて、其重る、劇烈な生存競争場裏に立つで、によくに泣き得るものに、代助は出逢はなかつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
異をちょっとでもてようとすれば、世間がすぐに圧迫けます。そのよい例がこの私で。私の狂言の流派といえば、ご承知の通り鷺流なので、大蔵流と相待ちまして、幕府方のお狂言でござります。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と、男を圧迫る様に言つて探る様な眼を異様に輝かした。そして、弾機でも脱れた様に
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
一切圧迫はいけません。故郷へ帰りたいと云う者は故郷へ帰さねばなりません。結婚したいと云う者には結婚させねばなりません。何も彼も一切自由意志で、行動させねばなりません
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)