“しようご”の漢字の書き方と例文
語句割合
正午100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
地震つたのは當日午前十一時十分頃であり、郵便局りの潰家から發火したのは正午ぐる三十分位だつたといふから、地震後一時間半經過してゐる。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
めしきは御新造とお口惜しさにはれず、常〻をとなしき理屈づめにやりもなくて、すご/\と勝手てば正午號砲たかく、かゝるふし殊更にひゞくものなり。
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)