“安佚”の読み方と例文
読み方割合
あんいつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人は奪ひ取らんとし、一人は公務に就かんとし、一人は肉の快樂に迷ひてこれに耽り、ひとりは安佚ぼれる 七—九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
安佚な大衆文芸家と云って悪ければ、自然主義以後の日本の各作家、と云っても悪ければ、日本伝来の文人気質
大衆文芸作法 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
三ヶ與吉衣物てゝ、おつぎも近所うて炊事でも餘所行半纏けていた。勘次は三ヶさへ全然安佚つてはなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)