大衆文芸作法たいしゅうぶんげいさほう
第一章大衆文芸の定義 一体、定義というものを、物の進行中に、未だ完成されていない未発達の状態にある時は与える事はむずかしい。現在進行しつつある、発達の過程にはあるが未だ充分発達したとはいえない、大衆文芸に対して、現在のままの姿へ、定義という …
作品に特徴的な語句
どち 羞恥はにが 刺繍 甘味あま まさ 斑馬ゼブラ のが つも かなづち 目眩めまぐ だん むべ かか はず あた かえりみ かえ 稲生いのう やっこ いや 髯剃ひげそり 浅薄あさはか のぼ しか すべから あまつさ ゼロ 鏘然そうぜん やわ かえり ほと ひそ かつ こうり つま かなめ 小札こざね はま 藁葺わらぶ あつ けだ 忌諱きい 芟除せんじょ おのずか ろう ひるが ひろが 藺笠いがさ なみ ひん 瀰漫びまん わずら 燦爛さんらん 独逸ドイツ 狭隘きょうあい はじ 畸形きけい 神稲しんとう やや 稍々やや かまど 範疇はんちゅう 累累るいるい 編輯へんしゅう 織雑おりま まと ひび 羅宇らう 輓近ばんきん もたら 鶺鴒せきれい 鶴嘴つるはし 髷物まげもの 骸子さいころ 駱駝らくだ 颶風ぐふう さっ すこぶ 頓挫とんざ 面食めんくら 震撼しんかん 長閑のどか みやこ 遵守じゅんしゅ さかのぼ 這入はい わだち 毛氈もうせん むしろ しま 茅屋ぼうおく 螺旋らせん