“補足”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たし66.7%
ほそく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“補足”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
野郎が有難い事を云ったってかんかん虫手合いは鼾をかくばかりで全然からっきし補足たしになら無えってんで、工場長開けた事を思いつきやがった、女ならよかろうてんだとよ。
かんかん虫 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
お届けをすればよかったんですが、叔母のところの苦しい都合も知っていますので、何かの補足たしにさせようと思って、ちょうど人通りもないもんですから、それを拾って持って帰りますと、叔母もお元もああいう人間ですから、なんだか気味を悪がってどうしても受け取らないんです。わたしもしまいには自棄やけになって、そんなら勝手にしろとその金をつかんで飛び出して、けさまで吉原で遊んでいました。
半七捕物帳:10 広重と河獺 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)