“純粹”のいろいろな読み方と例文
新字:純粋
読み方割合
じゆんすい66.7%
じゆんすゐ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下町などの球突塲によくあるいはゆる球突塲分なるものは、には有難くないものだが、さういふ純粹境地になると、ちよつと淫してもくない誘惑物だ。
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
だがは、いとおもひます。なぜなれば、『おほぎみの御笠』といふところに、が、もつれをじます。純粹單純にすっきりとはひつてないのです。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
文藝にも哲學にものない彼等は、しながら、自分自分状態得意がつて自覺する知識たなかつたから、境遇にある詩人文人などよりも、一層純粹であつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)