“隅柱”の読み方と例文
読み方割合
すみばしら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と渋沢は、薬師如来の内陣が見える本堂の隅柱りかかった。春さきのが、露八の背と渋沢の横顔へ、波紋のように明るくした。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そしてうところの鈴の綱は、廊の隅柱から校書殿の後ろのほうへ張られてあり、主上の御座蔵人らを召されるときそれを引き、鈴が鳴る。
武蔵だけは、依然として、隅柱を負っていた。つい無口になる。怏々として楽しまないものが胸を占めてれないのだ。勝つとは限らない、撃ち殺されるかも知れない。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)