“二隅”の読み方と例文
読み方割合
ふたすみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さそくに後をと閉め、立花はに据えて、を寄せると、軽くった懐紙二隅へはたりと解けて、三ツく包んだのは、菓子である。
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
平包みの布の二隅に代用して、そのまま肩にかける方法がかんがえだされ、(ロ)次には下げたりかかえたりする袋や籠のかわりに、用がすめばなくなってしまうほどの
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
すなわち平包みの布の二隅引出して、これをのかわりにして背に負うもので、これは両腕の上部に力の半分を持たせるから、今までの荷負いのように手を自由に使うことができない。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)