“もどかし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
焦燥50.0%
遅緩50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ワンワン、ガヤガヤと、焦燥もどかしそうな群衆の声が聞える。
夜泣き鉄骨 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それを聞くと道助は遅緩もどかしさに堪へられなくなつて、「馬鹿、お前にはわからない。」と叫んで横を向いてしまつた。
静物 (新字旧仮名) / 十一谷義三郎(著)