“やきもき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
焦燥50.0%
焦慮33.3%
熱急16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな気持のこうじて来たお島には、自分一人がどんなに焦燥やきもきしても、出世する運が全く小野田にはないようにさえ考えられてきた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「もうあなたここまでぎつけたんですもの。そう焦燥やきもきしないでいた方がよござんすよ。」
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
神田代地の忍びから帰って来ると、彦兵衛はこう言って舌を出した。鼻の頭を下から擦って勘次は我事のように焦慮やきもきしていた。
マダム・セレスティンは泣きの涙、ただ焦慮やきもきするだけで、事件が霊界と密接な関係があるだけに、こればかりは何うにも人気の収拾がつかない。
ロウモン街の自殺ホテル (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
「まあどうなりますか。親達の考もございましょうし。当人達とうにんたちの存じ寄りもしかと聞糺ききただして見ないと分りませんし。私ばかりでこうもしたい、ああもしたいといくら熱急やきもき思ってもこればかりは致し方がございません」と何だか意味のありそうな事を云った。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)