“稚内”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
わっかない62.5%
ワッカナイ25.0%
わつかない12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“稚内”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.4%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
急いで郵便局の小窓の前に行って見たが、此処で放りこむよりも北海道の稚内わっかないへ帰航してからの方が余程速いということだった。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
が、稚内わっかないに近くなるに従って、雨が粒々になって来、広い海の面が旗でもなびくように、うねりが出て来て、そして又それが細かく、せわしなくなった。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
稚内ワッカナイゆきの急行列車が倶知安クッチャンをすぎ、やがて山地へかかって速力がにぶると、急に雪が降りだした。
金山揷話 (新字新仮名) / 大鹿卓(著)
余ら四人は即日小樽を出発して日高丸に乗込んだ、元来利尻に行くのには、小樽から北見の稚内ワッカナイへの定期航海船に便乗するので、一週間に一回ということであるからして、その船が帰りに利尻に寄港する時、またそれに乗込んで帰るのが普通の順序であるそうだ
利尻山とその植物 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
ところで、彼女は、その後、思いがけない時機に、例の中園三郎から一通の手紙を受けとつた。北海道稚内わつかないうんぬんというところがきである。
火の扉 (新字新仮名) / 岸田国士(著)