“せきこう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
斥候50.0%
石匣25.0%
石工25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるにかねてより斥候せきこうの用にてむためならきたる犬の此時このときをりよくきたりければ、かれを真先に立たしめて予は大胆だいたんにも藪にれり。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
気弱きよわなる斥候せきこうのごとく
一握の砂 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
これをるに石匣せきこうなりければ、いてうかがいてついに異書と宝剣とを得たり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
また山頂は快晴なるも五、六合辺にて風雨にさえぎられ、建築材料延着のため、山頂に滞在せる大工だいく石工せきこう人夫にんぷら二十余名が手をむなしくして徒食せるにもかかわらず