“いにしえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
92.1%
3.0%
古昔1.8%
往古1.2%
古人0.6%
古代0.6%
昔時0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「王政のに復することは、建武中興の昔に帰ることであってはならない。神武の創業にまで帰って行くことであらねばならない。」
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
曰く李下に冠を整し瓜田に履を納れずとは何か。曰く寛政の三奇人とは誰ぞ。曰く何。曰く何と。もし審に此等の問に答得るの学力あらば誰か亦活弁とならんや。に在っても論語読み論語を知らず。
偏奇館漫録 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
府中はいまさら説くまでもなく、古昔の国府の所在地で、六所明神は府中の惣社
怪異暗闇祭 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
伊勢神宮の内宮は、往古から二十一年ごとに、新しゅう改造する制であったが、応仁の乱以後は、そのこともれて、ここも荒るるにまかせてあったを、おの父信秀には、その御式の復古に
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「弟。おまえは、古人伯夷叔斉をどう思うね」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
われら猿とは古代より、仲しきもののに呼ばれて、互ひにを鳴らし合ふ身なれど、かくわれのみが彼の猿に、執念く狙はるる覚えはなし。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
その頃吉原には、金瓶楼今紫が名高い一人であった。彼女は昔時太夫職の誇りをとどめた才色兼美の女で、廃藩置県のころの諸侯を呼びよせたものである。
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)