“搖下”の読み方と例文
新字:揺下
読み方割合
ゆりおろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
搖上搖下此方ひ彼方へれ正月四日のより翌五日のまで風は少しも吹通しければ二十一人の者共は食事もせす二日二夜
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
搖上搖下され今にも逆卷に引れ那落まん計りなれば八地獄の樣もやとばかりろしなんどもかなり看々山の如き大浪は天神丸の胴腹へ打付たればやさしも堅固らへし天神丸も忽地巖石に打付られ微塵け失たり氣早き吉兵衞は此時早くも身構へして所持の品は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)