“搖々”の読み方と例文
新字:揺々
読み方割合
ゆら/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女中が膳部を下げてから、私はまた欄干の側へ出て、更に其の魥のやうな薄板が微風に搖々してゐるのを眺めてゐたが、どうも串とは受け取れなかつた。
ごりがん (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
柔かい新緑の風は、こんなに市塵の深い瓦の上へも吹いて來て、乾された薄板が、搖々と動いてゐる。
ごりがん (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)