“叱:だ” の例文
“叱:だ”を含む作品の著者(上位)作品数
小栗虫太郎1
“叱:だ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その歴史的信念を忘れ、決戦に怯気おじけだった、軍主脳部こそは千むちをうけねばならぬ。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)